採用情報

voice of staff 01 鎌田勇太【甲板員】

最前線のポジションだからこそ
柔軟かつ繊細な対応という役割を担い
より確実性を高めるため、
貪欲に吸収する日々。

最前線のポジションだからこそ
柔軟かつ繊細な対応という役割を担い
より確実性を高めるため、
貪欲に吸収する日々。

voice of staff 01 鎌田勇太【甲板員】

海で働く願いを実現したタグボートとの出会い。

志望・入社のきっかけは?

 海のそばで生まれ育ったことで幼い頃から船を見て来ました。それで海で働く仕事につきたいと思って育ちました。
 家業は養殖漁業をしていたので中学ぐらいまではそれを継ごうと考えていましたが、震災があって家の船も失われ、我家は漁業を止めることになりました。
 それでも私は海での仕事がしたいと思い、高校の先生に相談し宮古海上技術短期大学校に進学しました。練習船でタグボートを目にし、その場で360度回れたり、小回りが利き操縦性能に優れているところが格好良いなと憧れましたね。
 私は地元に勤めたいという希望があったので「海洋曳船」を目標に就活をしました。

重要なポジションで責任の大きさを感じ学ぶ。

現在の仕事内容は?

 すべきことは幅広くありますが、主な仕事の一つは船長の補佐としてトランシーバーで本船との無線交信などを行うことです。船を操縦する船長の横に立って、先方からの操船オーダーを船長らに伝える重要な役目です。また、船の錆を落としたりロープを作ったりという船を整備する作業もあります。限られた人数で船を動かしたり守ったりしています。

入社前と入社後の印象に
違いはありますか?

 学生時代は見ていて単に格好良いなと思っていたのですが、実際に現場で働くと難しいことばかりです。船長から無線を任せられていて、自分が本船とやりとりしなければオーダーも受けられないので、その責任の大きさを感じていますし同時にそれはやり甲斐になっています。

仕事上での思い出深いエピソードは?

 本船とトランシーバーで交信する際は、相手がパイロット(水先人)さんのときと船長さんのときとがあります。船長さんには日本人ではない方もいらっしゃいます。ただし船の交信で使う言葉というのは業界用語みたいに万国共通ですので、大体はわかるんです。簡単な英語ですね。例えば押してもらいたいというオーダーの時は「プッシュ」で、半分ぐらいの力でという時は「ハーフ」とか。最初の頃は相手の船長さんの発音とか、訛りによって聞き取れないことがあったりしました。微調整に必要なオーダーなので重要なのですが、それが聞き取れない。聞き取れないと作業に支障をきたします。そんな時にはこちらの経験豊富な船長に助けてもらったりしたこともありました。作業はもちろん言葉にも経験が必要だということを学んだのです。

オフの過ごし方は?

 自宅のある大船渡から通っているので、地元の友達たちと食事に行き、それぞれの近況や仕事の話をしていますね。みんな頑張っているので刺激になっていますし、気分転換にもなります。

確実に、ミスなくできるようになること。

これからの目標を教えてください

 操船技術や航海知識を学びたいこともありますが、
まだそれは先のことなので、まずは今任せていただいている仕事を確実に、ミスなくできるようになるのが一番の目標です。

危険が伴う海での仕事。体調管理を徹底すること

これから「海洋曳船」を目指す人へメッセージを。

 突然の波での揺れをはじめとして海の上での仕事には危険が伴います。そこで思うのがとにかく体が資本だなということです。自分の体を大切にして、体調の自己管理ができるような人にならなければいけないと実感しています。皆さんにもそこを意識して目標に向かって欲しいと思います。

voice of staff 02 佐々木遼太【機関員】

万事スムーズに運ぶための
準備に怠りはない。
念には念を入れ、確認を積み重ねる
重責は大きなやり甲斐でもある。

万事スムーズに運ぶための
準備に怠りはない。
念には念を入れ、確認を積み重ねる
重責は大きなやり甲斐でもある。

voice of staff 02 佐々木遼太【機関員】

目標が定まったことでさらにやる気が強まった

志望・入社のきっかけは?

 もともと船に乗る仕事がしたくて高校も専門的に学べるところに入りましたし、宮古海上技術短期大学校にも進学しましたが、具体的にどういう船に乗りたいということまでは決めずに学んでいました。
 練習船に乗っていた時、入港でタグボートを使うことがありました。その時にタグボートというものを間近で見て影響を受けたのが最初。それから乗りたいなと思い始めましたね。どちらかというと、どんな仕事をするのか知る以前に、見た目の迫力、格好良さに惹かれたというのが本音です。

就活時の思い出を聞かせてください。

 船乗りを目指すようになってから、ずっとやりたいと思っていたのは機関士でした。だからタグボートに乗るとしても機関士でという思いがあったので、そのための準備、勉強に力を入れました。目標が定まったことでさらにやる気は強まりました。

横浜の港で揉まれ、多忙な中仕事を覚える喜び

現在の仕事内容は?

 社内の配乗替えで今は親会社のある横浜方面の港でタグボートに乗っています。向こうは港の数も多いですし、本船入港数も多いのでとても多忙ですが、その分、やり甲斐もあります。船内では交代制で食事を作る賄いも含めて、仕事を広く覚えることができます(笑)。
 基本的に機関の整備作業を中心に仕事をしていますが、タグボートと本船を繋ぐためのロープを取り放しする作業などにも関わります。冬はエンジンが冷えていて、暖機に時間もかかりますので寒い季節の方がつらいですが。

仕事のやり甲斐について
教えてください。

 船の機関修理や調整で故障箇所が直った時は専門技術者として本当に良かったなと思いますので、それがやり甲斐でしょうか。滞りなく船が役割を果たせるように準備しておくのが私たちの仕事ですので。信頼できる先輩とともにしっかりと、かつ楽しくやっています。

オフの過ごし方は?

 今は横浜勤務なので街で遊んだり、気分転換に友達と食事(飲み)に出かけるのが多いですね。横浜で働けるというのも魅力になっています。

当たり前のことを当たり前に。

仕事で大事にしていることを聞かせてください。

 日々、確認ということです。電源一つでも入れ忘れたらエンジンは動きません。当たり前のことが当たり前になるように。確認はしっかりするようにと先輩方にも言われています。機関部は船の動力を担う大切な部署なので特にそれを大事にしています。

入社して成長したと思う事は?

 まだまだです。そこまで実感できるほどにはなっていません。入社した頃よりはもちろん理解は深まっています。将来的な目標としてはさらに技術を身につけて、リーダーシップを発揮できる人になりたいです。

やる気を持って前進すれば、誇りに繋がる

これから「海洋曳船」を目指す人へメッセージを。

 当社を目指す人に言いたいのは、とにかく、やる気を大事にして目標に向かってもらいたいということ。大型船の安全な入出港を支えるのはとてもやり甲斐を感じる仕事です。海で活躍できることが誇りにもなります。

静かな闘志を秘めた方からのご応募をお待ちしております。

平成30年度募集要項(PDF)

ページトップに戻る