Loading

タグボートの設備

タグボートは、曳船、曳き船などとも呼ばれる船で、
小さいながらも馬力が大きく、小回りがきくという特徴があります。
全長30〜35m、全幅10m、深さ5m、喫水4m、総トン数200トン前後、機関出力3,000〜4,400馬力で、
大型船舶の離着岸作業に不可欠な50トン超の強大な曳航力を備えています。

  • マスト

    レーダー、アンテナ、風向風速計、放水銃、信号灯などが備えられている。

  • 操舵室

    操船する場所。航海に必要なコンパスやレーダー、GPS、VHF通信機などが備えられている。

  • 甲板機械

    本船や構造物を曳くためのロープの巻取りや繰り出しの機械。

  • フェンダー

    本船に接して作業を行う際に自船と本船を傷つけないよう船首に航空機タイヤ、船尾にラバーフェンダーを装着している。

  • 機関室

    船の動力を発生させるディーゼルエンジンが2基搭載されている。出力は3,000~4,400馬力になる。

  • 個室

    船長室、機関長室をはじめ船員が利用できる個室が完備されている。

仕事の動画

事業紹介

  • 入出港サポート

    高馬力の曳船により、一般貨物船から大型ケープサイズバルカーまで、本船の安全迅速な離接岸作業をサポートしています。

  • 海上・港湾工事

    防波堤用ケーソンの据付やその他海洋・港湾工事分野で、当社曳船は大いにその能力を発揮しています。

  • 造船所作業

    当社の曳船は造船所における新造船の進水や修理船の入出渠、あるいは構内離接岸などにおいても活躍しています。

  • 海上防災

    油濁事故に際し、流出油処理剤を散布する体制を整えています。

  • 海難救助

    船舶の座礁、火災、衝突などの海難に際してスピーディに曳船を派遣し、救助のお手伝いをしています。

タグボートの仕事

  • 鎌田 勇太[甲板員]

高い安全性と高品質なサービスの提供。
それは東日本大震災を乗り越えた今も、
創業から一貫して私たちの胸に輝く大きな使命です。
海と陸を結び、人々のこころを繋ぐ誇りを胸に、
三陸を拠点に海洋産業の未来を担い続けます。

ページトップに戻る